DSC_0066

【開催報告】第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」

第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」
日時:2018年5月18日(金) 19:30~21:00
会場:タリーズコーヒー鹿児島中町店
参加者:7名(男性3名、女性4名、初参加者1名)

・   ・   ・   ・   ・

10ヶ月ぶりの開催となりました!

今回は超直前のご案内になってしまいましたが、7名のご参加をいただき、和気藹々と開催させていただきました。

折良く、哲学者の下西風澄先生( http://kazeto.jp/ )のお母様より表題の作品をご寄贈いただき、全員で読みながら対話を進めていきました。

※下西風澄『10才のころ、ぼくは考えた。』(月刊「たくさんのふしぎ」2018年6月号),福音館書店

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=5661

対象誌は小学3年生からということで、わかりやすい言葉でお子さん向けに書かれた絵本でありながら、大人の心をくすぐる、くすぐる…! 今回46回目の定例開催となりますが、なんだか一番笑いの絶えない回だったかもしれません。

石の積まれた表紙がまた魅力的で、「石」の話から始まった対話は、生死のこと、暗闇(視覚が奪われた状態)での身体性、そしてお墓の話題に。日常ではなかなか語りにくい話題で盛り上がりました。

振り返って思うのは、この絵本のおかげで、これだけのことを愉しく心地よく発露させてもらい、対話ができたということ。哲学絵本をかこんでの哲学カフェというのは良いものですね。下西先生、お母様、誠にありがとうございました!

次回は9月の開催予定です。日程が決まりましたら、またこちらで告知させていただきます。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

“てつがく”って?

こんにちは。みなさん、はじめまして。 鹿児島哲学カフェのsameshimaと申します。 相棒

記事を読む

no image

開催5日前

「人は哲学を学ぶことは決してできない。せいぜい哲学することを学びうるだけである」~Immanuel

記事を読む

no image

【感想】あなたはどこまで遊べますか その1

【1.匿名希望さま】 満足度:かなり満足 発言のしやすさ:しやすかった 希望テーマ:

記事を読む

no image

【開催案内】第24 回鹿児島哲学カフェ ~アンジェリーナ・ジョリーの「予防的乳房切除手術」を考える ~生への執着・生への介入~~

こんにちは! お久しぶりです。sameshimaです。 急に蒸し暑くなりましたね。みなさまお

記事を読む

no image

第6回 指宿哲学カフェ「ふつう」ってなに?

こんにちは。noseです。 姉妹関係にある指宿哲学カフェの第6回が開催されます。第1回を開催さ

記事を読む


no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その5 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その4 nose→shiho

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その3 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その2 nose→shiho

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その1 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

→もっと見る