DSC_0066

開催5日前

「人は哲学を学ぶことは決してできない。せいぜい哲学することを学びうるだけである」~Immanuel Kant~

 

皆様、こんにちは。

あと5日で第一回哲学カフェの開催となりました。我々まで合わせると、なんと現時点で17名様にご参加頂くことになり、感激しているsameshimaでございます。

さて1月のキックオフミーティングから3ヶ月。いよいよ始まるのだと感慨深いものがあります。開催が近付くにつれ、様々な方からお問い合わせを頂戴したり、メディアの方からも関心をお寄せ頂くなど、先日のnoseさんのエントリの通り、鹿児島に“てつがく”を求めておられる方が多いことに、嬉しく心強く思っているところです。

少し、話は逸れますが。

4/16(土)夜にNHKで放送された、「マイケル・サンデル 究極の選択~大震災特別講義」。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。「危険な任務は誰が担うべきか」「原子力(エネルギー)のありかたと将来」「支援の輪は世界を変えるか」「私たちはグローバルな共感を持ちえるのか」 東日本大震災を哲学的に掘り下げるためのトピックが、Boston、Beijing、Tokyoの三拠点から語り交わされました。印象的だったのはやはりTokyo。自分たちが世界から評価されている理由がわからない、という終始怪訝そうな参加者たちの表情が記憶に残っています。詳細を論じることはここではしませんが、視聴者それぞれ思うところがあった番組だったのではないでしょうか。

なぜ、この”Justice”という講義はわたしたちを惹きつけるのでしょうか。なぜ、『これからの「正義」の話をしよう』は爆発的に売れたのでしょうか。様々な角度からの解があるでしょう。その中でもあえて一つ挙げるならば、今この時代に生きる我々ひとりひとりが、強く、「確かな答え」を求めていること。この、根源的な願いが潜んでいるのではないでしょうか。

様々な問いにおける「確かな答え」が存在するのかどうか、正直なところわたしにはわかりません。ただその、「確かな答え」の可能性を、一人ではなくみんなで考えるということ。語り交わすということ。ここに私は大きな可能性を感じます。本来孤独な作業である筈の“てつがく”ですが、そこから一歩踏み出したところでそれぞれの考えが相互作用し、より深くなる。活性化する。これが皆で“てつがく”する、という一番の面白味なのではないでしょうか。それはきっと一人で出した答えよりも、価値あるものになりはしないでしょうか。

さて!

鹿児島哲学カフェ。さまざまな問いに対して、さまざまな年齢、立場、文化、歴史をお持ちの方々が、さまざまに語り交わす場になればいいなと思います。ふだん語ることのないような問いについて語り交わす刺激的な時間。参加者の一人として皆さんと共有できますこと、心より楽しみにしております。

みなさまの、それぞれの思いの中。まもなくOPENです!!



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

【開催案内】第37回鹿児島哲学カフェ

大変お久しぶりです。 1回お休みをさせて頂きましたが、久しぶりに今月開催致します! &nbs

記事を読む

no image

【開催案内】鹿児島哲学カフェ × gardens’ Cinema シネマ哲学カフェ『エンディングノート』

こんにちは。noseです。 気づいたらブログの方は久々の登場でした。生きてますのでご安心くださ

記事を読む

no image

【開催報告・感想】初めての魅力、初めての魔力 その4

こんばんは。noseです。連続4日目。一応、明日で完結予定です。 ・   ・ 

記事を読む

グリーン・エイジ・ミーティング対話録をご覧いただけます

こんにちは。noseです。 昨年の12月に三重県選挙管理委員会主催のグリーン・エイジ・ミーティ

記事を読む

no image

【開催報告】実るほどこうべをたれる稲穂かな?

【第34回(通常開催) 鹿児島哲学カフェ】 日時:9月19日(金)20:00~21:30 人

記事を読む


no image
参加者アンケート

no image
【締め切りました・開催案内】第47回鹿児島哲学カフェ

※9/9 9:45をもちまして、締め切りました。 こんにちは、s

no image
たにやま哲学カフェが始まります

ご無沙汰しております。noseです。 色んな哲学カフェが開催され

no image
【開催報告】第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」

第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」 日

no image
【開催報告】第45回「なぜ人は演じるのか?」

第45回「なぜ人は演じるのか?」 日時:7/15(金) 19:30〜

→もっと見る