DSC_0066

【開催報告】あなたにとってどこまでが”踏み込んだ話”ですか

こんにちは。noseです。遅くなりましたが8/29に開催した第26回の報告です。

【第26回鹿児島哲学カフェ】
日時:8月29日(金) 19:30~21:30
人数:16名(男性7名,女性9名,初参加5名)
場所:コワーキングスペース301
テーマ:「あなたにとってどこまでが”踏み込んだ話”ですか」

2013-08-29 20.53.06

プライバシーに配慮してぼかしている訳ではなく、カメラの品質によるものです。

今回は久しぶりにsameshimaさんの進行で行いました(11ヶ月ぶり2回目)。私も久々に座って対話に参加できて、進行の時とは違った楽しさを感じました。

2013-08-29 20.53.24

 

さて、対話はまず「テーマについて考えてきたこと」からスタート。県外から鹿児島にUターンした方が、「鹿児島では温泉で知らない人から話しかけられ「ご主人はどこに勤めてらっしゃるの?」と聞かれる。それが自分にとって踏み込んだ話。」という言葉をきっかけに参加者それぞれが自分にとっての”踏み込んだ話”を話しはじめました。

「友人同士で家族の話をすること」という方もいれば「自分には隠し事がないので踏み込まれたと思うことがない」という方まで。

そこから、踏み込まれてよかった話。なぜ踏み込まれたと思うのか。踏み込まれたいOR踏み込まれたくない。踏み込んだ話=恥ずかしい話という話に展開しました。(ナチュラル・ボーン・営業という名言も)

と、ここまでで前半が終了。

2013-08-29 21.09.03

皆さんから好評だったsameshimaさんの板書。 私のそれとは大違い(;_;)

——————————————————————————————-

後半は「なぜ踏み込まれたと感じるのか」からスタートしたと見せかけて、前半に引き続き「踏み込んだ話」とは何かの話題に
・詳しい話、言わなくてもいい話も踏み込んだ話(ex.私事ですが・・)
・自分ではいかんともしがたいアイデンティティ。宿命。
・自分の意志とは関係なくアイデンティティに関わること。
・自分にとってのテリトリーだが入ってきてほしいテリトリー。大事に扱ってほしいテリトリー。
・踏み込む側と踏み込まれる側の主観と客観的なものの不一致が生まれた際に踏み込まれた側がまだ柔らかいテリトリー。
・踏み込んだ話と墓場までもっていく話は違う。
・営業の人が来ると、業者だったら入れることもあるし、知り合いだったら玄関開けることもあるし、もっと親しくなれば部屋にもあげるし。

皆さん、踏み込まれた話をされると、相手との距離が縮まったり、信頼された感じがして嬉しいと踏み込まれた話をされることに好意的でしたが、それとは逆に相手に急に踏み込まれて辛かったという意見も。

ここであることに気づきます。facebookにアップした板書の写真を見た方から「「どこ”から”が」じゃなくて「どこ”まで”が」なのがおもしろいね」というコメントが付きます。元々、参加者に案内していたのは「「どこ”から”が」だったのですが、sameshimaさんの中では「「どこ”まで”が」になっていたようで「「どこ”まで”が」でスタートしていたのです。個人的には大きな違いのような気がしたのですが、皆さんあまり気にならなかったようで(上記を見ての通り「「どこ”から”」の議論になってます)そのまま進みました。

同じようにテーマを見ると「踏み込んだ」話なのに、踏み込まれる側の話が主になっていたこともあり、自分が踏み込む側の話に移行します。

・相手にネガティブに取られてしまうこと。
・その相手との距離をキープしたいという話
・踏み込みたくないし、踏み込まれたくない。
・どこからが⇒「踏み込んだ話とそうでない話の境目。どこまでが⇒「踏み込んだ話と墓場まで持っていく話の境目
・テーマによって境目が違う。
・自分がこだわっている部分に触れると踏み込んだ話になる。
・性的なことがら。性的な嗜好。

と様々な意見が出たところでお時間となりました。結局まとまらない報告になってしまいました(*_*;
すみません。次回は頑張ります。

2013-08-29 22.21.19



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

【感想】草食系と女子力 その1

【1.カジヤさま】 満足度:満足 発言のしやすさ:しやすかった 希望テーマ:「働く」と

記事を読む

no image

【開催報告】シネマ哲学カフェ『エンディングノート』

こんにちは。sameshimaです。 例年になく大きな春の嵐も過ぎ、麗らかな春の日差しに満ちている

記事を読む

no image

【開催報告】オトナの責任

Philosophy 愛知の方が参加くださっていてレポートをアップしてくださいました。あ

記事を読む

no image

【開催案内】第8回鹿児島哲学カフェ

皆様、こんにちは。 早いもので2011年も最後の月に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

記事を読む

no image

【開催報告・感想】ハリ その2

こんばんは。noseです。最近noseばかりなのでそろそろsameshimaさんが顔を出すと思います

記事を読む


no image
参加者アンケート

no image
【締め切りました・開催案内】第47回鹿児島哲学カフェ

※9/9 9:45をもちまして、締め切りました。 こんにちは、s

no image
たにやま哲学カフェが始まります

ご無沙汰しております。noseです。 色んな哲学カフェが開催され

no image
【開催報告】第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」

第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」 日

no image
【開催報告】第45回「なぜ人は演じるのか?」

第45回「なぜ人は演じるのか?」 日時:7/15(金) 19:30〜

→もっと見る