DSC_0066

【開催報告・感想】人はなぜ美術館へ行くのか その2

こんばんは。noseです。3日連続と書いてから3日経ってしまいました。すみません。3回シリーズを3日おきに更新することにします。

前回、ある方から「他の方の感想を読むことで改めて考えることもあって、とても良いですよね」とおっしゃっていただき、私自身も本当にそう感じています。対話の中で参加者の皆さまがどのように感じて、何を考え、発言されているのか。少しだけ頭の中を垣間見れるようなそんな気がします。

307495_563009930385332_1353516658_n

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・
【感想2 匿名希望さま】

まずは「当日、参加者がテーマを決める」という初めての試みが
とてもエキサイティングでした。
偶然(?)その「場」に集った参加者自らが会話の起点を共に探ることで、
一期一会の臨場感、セミナー受講者ではない当事者意識を持てました。
哲学ではなく、より柔らかい「てつがく」でした。

『人はなぜ美術館に行くのか?』

「人はなぜ“美術”を求めるのか?」とは違います。
“美術”ではなく“美術館”。

かなり痛切に必要性を感じてしまう人間としては、
ゆるぎなく美術館は不要とおっしゃる方の言葉を新鮮に受け止めました。

では、何故、自分は足を運ぶのか?
向きあいたい表現に直接会うため。
心の引き出しに仕舞いこむ新たな宝物を探すため。
それがコンパクトに集められている便利な空間=美術館。
「わざわざ訪ねて回るより簡単だし、安いし、だいたい個人蔵なんて観るチャンスない」
だから美術館に頼る。
既に愛好家になってしまっている人間にとって
美術館は目的ではなく、手段なのだと改めて気づかされました。

もうひとつ気になったのは、隠れたテーマ「教養としての美術」の存在。
会話の中の美術館は、アーティストや作品の来歴をはじめとする美術史の知識、
模範的(と思われる?)鑑賞観(?)まで含んでいたように思います。
肯定派も懐疑派も、この“教養”の取り扱いに戸惑ってしまう。
美術を楽しむのに知識は必要か?理解は必要か?
そもそも美術は理解するものなのか?
難しい。

毎度ながら“もやもや”
でも、日頃目を向けない、この“もやもや”が哲学カフェの醍醐味。
ステキな時間、ありがとうございました。

・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

以下、nose。色々書こうと思いましたが、やっぱりやめておきます。では、また。



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

【開催案内】第25 回鹿児島哲学カフェ

こんばんは! sameshimaです。梅雨明けしたとたん、夏バテしておりまして(早!)、次回の開催

記事を読む

no image

【開催報告】シネマ哲学カフェ『エンディングノート』

こんにちは。sameshimaです。 例年になく大きな春の嵐も過ぎ、麗らかな春の日差しに満ちている

記事を読む

no image

【感想】シネマ哲学カフェ「わたしはロランス」

【1.匿名希望さま】 満足度:かなり満足 発言のしやすさ:普通 希望テーマ:壁は乗

記事を読む

【開催報告】明推協 若者リーダーフォーラム

この度、財団法人明るい選挙推進協会さまの若者リーダーフォーラムにて、哲学カフェをさせていただく機会を

記事を読む

no image

【感想】人はなぜ月に思いを馳せるのか その1

【1.匿名希望さま】 満足度:満足 発言のしやすさ:しやすかった 希望テーマ:「恥

記事を読む


no image
参加者アンケート

no image
【締め切りました・開催案内】第47回鹿児島哲学カフェ

※9/9 9:45をもちまして、締め切りました。 こんにちは、s

no image
たにやま哲学カフェが始まります

ご無沙汰しております。noseです。 色んな哲学カフェが開催され

no image
【開催報告】第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」

第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」 日

no image
【開催報告】第45回「なぜ人は演じるのか?」

第45回「なぜ人は演じるのか?」 日時:7/15(金) 19:30〜

→もっと見る