DSC_0066

【感想】恥ずかしいのはいけないこと? その3

【3.匿名希望さま】
満足度:かなり満足

発言のしやすさ:しやすかった

希望テーマ:空気を読むのって大事なことですか?
空気って、なんぞや。(笑)

自由記載:
いつもより少ない人数で参加者さんとの距離も近く、
逆に緊張してしまいましたが(笑)みなさんのお話をじっくり伺うことができて楽しかったです。
皆さんの恥ずかしい(?)体験談を聞いて思ったのが、恥ずかしさのポイントというのは人それぞれかもしれませんが、恥ずかしいと思う気持ちは誰もがもってるものなのだなぁと思いました。

ではその恥ずかしいという気持ちは本能的なものなのか、経験によるものなのか、あるいはその両方なのか。
対話の中で自意識という言葉が出てきましたが、これと密接に関わっているのだろうか?じゃぁその自意識はなぜ生まれるのだろう?という疑問が出てきて、恥ずかしいという気持ちの本質とあわせて考えてみたいな、と思いました。

個人的に一番興味深かったのは、「恥ずかしい」と「恥じらい」と二つの「恥」が出てきたことです。
「恥じらい」を辞書で調べたら「恥ずかしがること」と、なんとも素っ気ない記述だったんですが(笑)、普段使うときには、「恥ずかしい」とはニュアンスが微妙に違いますよね。
「恥じらい」の方には「照れ」とか「奥ゆかしさ」みたいなものが感じられるのですが、「恥ずかしい」になると、後ろめたさのようなものが含まれるのかな、と。
でもその後ろめたさのようなものがあることによって、自分を律することができるとするならば、「恥ずかしいのはいけないこと」ではないと思いました。

それからもう一つ気になったのは、いじめや犯罪の被害者が感じる恥ずかしいという気持ちです。
何の落ち度もない被害者がなぜ恥ずかしい思いをしなければならないのか。
難しい問題ですが、もしも被害者に恥かしいことではないと思わせることができたら(周囲が恥ずかしいという思いをさせないようにできたなら)、被害者を追い詰めるようなことにはならないのでは?と感じました。もちろん、そんなに簡単なことではないとは思うのですが。。。

今回も非常に深く考えさせられました。
最初にこのテーマを見た時は、恥かしい失敗談のような、笑えるライトな感じになるのかなと思っていたのですが、このような難しい問題にも通じるのだなと、改めて哲学カフェの奥深さに驚いています。
ありがとうございました。



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

【開催報告】第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」

第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」 日時:2018年5月18日(金)

記事を読む

no image

【開催報告】シネマ哲学カフェ『エンディングノート』

こんにちは。sameshimaです。 例年になく大きな春の嵐も過ぎ、麗らかな春の日差しに満ちている

記事を読む

【開催報告】優しさと思いやり

【第30回鹿児島哲学カフェ】 日時:12月28日(土) 19:00~21:00 人数:15名

記事を読む

no image

第6回 指宿哲学カフェ「ふつう」ってなに?

こんにちは。noseです。 姉妹関係にある指宿哲学カフェの第6回が開催されます。第1回を開催さ

記事を読む

no image

【開催報告・感想】初めての魅力、初めての魔力 その5

こんばんは。noseです。5日連続とか言って昨日サボりました。すみません。 ・  

記事を読む


no image
参加者アンケート

no image
【締め切りました・開催案内】第47回鹿児島哲学カフェ

※9/9 9:45をもちまして、締め切りました。 こんにちは、s

no image
たにやま哲学カフェが始まります

ご無沙汰しております。noseです。 色んな哲学カフェが開催され

no image
【開催報告】第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」

第46回「月刊 たくさんのふしぎ~10才のころ、ぼくは考えた。」 日

no image
【開催報告】第45回「なぜ人は演じるのか?」

第45回「なぜ人は演じるのか?」 日時:7/15(金) 19:30〜

→もっと見る