DSC_0066

【感想】あなたはどこまで遊べますか その2

【2.匿名希望さま】
満足度:かなり満足

発言のしやすさ:普通

自由記載:
最初に「遊びとは?」という問いが出たので改めてそこから考えてみると、自分の中の遊びの基準は「楽しいか、どうか」でしょうか。

楽しいと夢中になるので、「今、自分が遊んでいる」という自覚すらなく没頭していて、そこに苦痛はない。逆に、苦痛やストレスが生じた時点でそれはもう遊びではなくなるのでは?と思いました。

また、「ハンドルの遊び」という話が出てきて、遊びとは「余裕」や「ゆとり」ってことかな?とも感じました。
仕事の場にしても、新人の頃はこなすのが精一杯で余裕がないから「遊びの感覚」もあるわけない。
けれども、ある程度経験を積み仕事ができるようになると精神的な余裕が出てきて「遊び心」を持って仕事に取り組めるようになるのではないでしょうか。
遊べるってことは、気持ちにゆとりがあるってことですかね。
つまりそれってハッピーなのかもしれません。(笑)

一方で、カフェで冗談ぽくですが、「いじめ」という話も出ましたが、いじめる側が心底それを楽しんでいたなら、それはその人にとって「遊び」でしかないのかもしれません。そうなると、「いじめは、やめよう」なんていうスローガンが効果がないのもわかるような気がします。案外、遊びとは怖い一面もはらんでいるのかな?とも思ったり。そういう遊びの怖さというものも、じっくり考えてみたいなと思いました。

で、今回の問い・・・どこまで遊べるか?
どんな状況であっても、それを楽しむことができるなら、いくらでも遊べる。
。。。ような気がする。(笑)



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

“てつがく”って?

こんにちは。みなさん、はじめまして。 鹿児島哲学カフェのsameshimaと申します。 相棒

記事を読む

no image

【開催案内】第4回鹿児島哲学カフェ ~豊かさはどこへ向かうのか~

皆さん、お久しぶりです。 夏らしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 幸せをテーマに

記事を読む

no image

第6回 指宿哲学カフェ「ふつう」ってなに?

こんにちは。noseです。 姉妹関係にある指宿哲学カフェの第6回が開催されます。第1回を開催さ

記事を読む

no image

【ご案内】「アンダンテ~稲の旋律~」を鑑賞して語る会

続きまして後援イベントのご案内です。公演といいましても、当日哲学カフェを行うわけでもなく、参加者募集

記事を読む

no image

【開催案内】第18回鹿児島哲学カフェ ~2012年 今年の漢字~

こんんちは、sameshimaです。 早いもので12月となりました。今年最後の、鹿児島哲学カフェの

記事を読む


no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その5 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その4 nose→shiho

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その3 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その2 nose→shiho

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その1 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

→もっと見る