DSC_0066

【感想】空気は読まなきゃいけないの? その2

【2.匿名希望さま】

満足度:かなり満足

発言のしやすさ:しやすかった

自由記載:
今回も楽しく、また、興味深く皆さんの話を聞いておりました。
急な場所変更のハプニングもありましたけど(笑)、新しい店を見ることができて楽しかったです。

テーマの「空気」がそもそも何なのか?これがずっと気になってて、始まる前までは漠然と一つの「もの」のように思っていたのですが、カフェで話を聞いているうちに、空気はたくさんあるという意見が出て、「あ、そうか!一つじゃないんだな」と妙に納得しました。

自分の周りにいろんな空気があって、その時その時で空気の持つ意味が変化する、と考えれば、空気を読む・読まないというのが主たる問題ではなくて、その空気がどういうものなのかを「読む」という事がポイントなのかな、と感じました。

それでもやはり、空気を読むってどういうことなのかなと、ずっと考えているのですが、対話の中で「自分に自信がない・確固たるものがない(自分がない)から~」という意見がありましたが、どうもそれだけではないのでは?と思えてなりません。

嫌われたくないから(他者の視線を気にするあまり)空気を読む、というのではなく、その場の空気を壊したくないという思いからそうする事もあるのではないかな、と。
その場にいる相手の事を思っているからこそ、空気を読むこともある。「思いやり」という言葉がカフェの場でも出てきましたが、それも空気を読むことだと思います。
相手とどういう関係性を築きたいかで空気を読む・読まないを選択しているという事もあるかもしれません。
でもこれは、あくまで自分のごく身近な空気ですよね。
これが大きな空気、例えば「社会」とかになるとまた少し違った捉え方になるのでは?
変な表現ですけど社会にある空気って、「緩やかな監視」に感じられるのは私だけでしょうか。
だからこそ、その空気の正体がどういうものなのかを読むことが大事なのでは?と思いました。

何だか、テーマの感想になってないような気もしますが・・・・以上です。
いつも以上にモヤモヤ~~~っとした空気がまとわりついています。(笑)



FACEBOOKアカウントでコメントする

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


関連記事

no image

第6回 指宿哲学カフェ「ふつう」ってなに?

こんにちは。noseです。 姉妹関係にある指宿哲学カフェの第6回が開催されます。第1回を開催さ

記事を読む

no image

第1回開催を終えて

皆様、第一回鹿児島哲学カフェへのご参加、誠にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。お蔭様で

記事を読む

no image

【開催報告】第32回「あなたはどこまで遊べますか?」

4年目、第1回目の鹿児島哲学カフェ「あなたはどこまで遊べますか?」が終了しました。 会場はPR

記事を読む

no image

開催5日前

「人は哲学を学ぶことは決してできない。せいぜい哲学することを学びうるだけである」~Immanuel

記事を読む

no image

【開催報告・感想】あなたにとってどこまでが”踏み込んだ話”ですか その2・3

【2.匿名希望さま】 満足度:かなり満足 自由記載: 参加前は、テーマのとらえどころが分からな

記事を読む


no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その5 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その4 nose→shiho

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その3 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その2 nose→shiho

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

no image
【往復書簡】”多様性を認める”ってどういうこと? その1 shiho→nose

こんにちは。noseです。 鹿児島哲学カフェは私、noseとsh

→もっと見る